格安加入の4つのポイント
画像

複数の自動車保険を比較してみると分かります。
実は、同じ補償内容でも、保険会社によって“保険料”は大きく違います!

ひと昔前はどこの保険会社で自動車保険に加入しても保険料は同じ。そのため自動車保険を比較する必要なんてありませんでした。ところが、1998年、自動車保険の完全自由化によって状況が一変します。保険会社が独自に保険料を設定できるようになったことで、同じ条件でも保険料に大きな違

お役立ちコンテンツ

傷害保険③

カテゴリ: 傷害保険とは?

画像
  ■普通傷害保険 被保険者が、日本国内または国外において、急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。普通傷害保険は、被保険者ご本人のみ有効な傷害保険ですが、傷害保険の対象範囲を、特約としてご家族まで広げると「家族傷害保険」と呼び名が変わります。(家族

傷害保険②

カテゴリ: 傷害保険とは?

画像
  ■傷害総合保険 国内・国外を問わず、家庭内、職場内、通勤途上、旅行中など、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償するとともに、日常生活における賠償責任、生活用動産の損害、携行品・預かり品の損害など、ケガのみならず、毎日の生活を総合的に補償する傷害保険です。 「障害総合保険」は

傷害保険①

カテゴリ: 傷害保険とは?

画像
  日常生活でのケガや国内・海外旅行中の損害に備える保険です。傷害保険と生命保険の違いは明確で、保険の適用範囲がそれぞれ異なります。傷害保険は読んで字のごとく、「傷害」を対象に保険金が支払われます。傷害とは偶然起きた事故による怪我・死亡を示すものですので、傷害保険の適用範囲に病気は含まれていません

地震保険③

カテゴリ: 地震保険とは?

画像
  ■損害の認定基準 地震保険の保険金支払いの際にポイントとなる、全損・半損・一部損の基準となります。 【全損】 ○建物: ・主要構造部の損害額が建物の時価の50%以上 または ・焼失、流失した床面積が建物の延床面積の70%以上 ○家財: ・家財の損害額が時価の80%以上 【半損

地震保険②

カテゴリ: 地震保険とは?

画像
  契約の上限は火災保険金額の50%までとされているため、「地震や噴火、津波により家が全壊したとしても、時価の半分までしか保険金を受け取れない」ということになります。さらに、補償限度額は「建物5,000万円まで、家財1,000万円まで」とされているため、 ●3,000万円の建物は、最大1,500

全国のプロフェッショナル検索サイトネットワーク

掲載事務所

自動車保険一括見積り

火災保険一括見積り

生命保険一括見積り

無料ネット家計簿

環境貢献しながら貴サイトをPR!